連研のページ

 

 目次

 1,連研とは

 2,新潟組連研修了者の会(研了会)

 3,連研ニュース


ホームページへ
                                                                              

 

 

 

 

 

 

 

 

<連研とは>

1.連研の目的   僧侶と共に親鸞聖人のみ教えを伝えるご門徒(これを門徒推進員といいます)を育てる事。

2.連研の歴史   昭和53年(1978)から浄土真宗本願寺派の寺院において全国一斉に始まりました。

3.連研の方法   同一人物対象で2年間12回(1回3時間以上)の連続研修。

4.研修の内容   私たちの人生の歩みを通して出てくる問いを互いに話し合う中で、親鸞聖人のみ教えに聞いていき、 歩むべき方向を明らかにしていく話し合い法座。

5.門徒推進員   組連研を終了後、本山(西)本願寺における中央教修(3泊4日)を受講する事によって、教務所長からの 委嘱が受けられます。

 

※ 参加をご希望の方は、それぞれの菩提寺にお申し込み下さい。

※ ページ下部の連研ニュースに、実際の様子が掲載されています。


このページのトップへ


ホームページへ
                                                                              

 

 

 

 

 

 

 

 研了会  役 員 名 簿

(任期:平成29年4月1日~平成31年3月31日)

役 職

氏  名

所属寺院

備 考
会 長 村山 誠一氏 真称寺 新規  教区門推協委員 
副会長 三原 光雄氏 林徳寺       新潟組門総会・仏壮会 代表
副会長 和田 淳一氏 真称寺
副会長 荒井 晴子氏 真称寺  
副 会 長 林 好男 氏 信生寺
副 会 長 小端 清 氏 林徳寺
会 計 森 千里 氏 円満寺 新規
事務局長 眞谷 誠祐氏 林徳寺      新潟組研修委員長
顧 問 長場 昭一氏 信生寺 新規  教区門推協委員
会計監査 名古屋 新蔵氏 真行寺 新規
会計監査 田辺 諄子氏 林徳寺      教区門推協委員



平成29年活動計画
 1,新潟別院清掃奉仕
 2,総会兼研修会(7月5日実施澄み)
 3,新潟組連研への協力

   
9月 4日(月) 会場:円満寺様 講師:川井善樹師 「私にとって、幸せとは何でしょうか。」
  10月 2日(月) 会場:林徳寺様 講師:眞谷誠祐師 「葬儀や法事は、何のためにするのですか。」
  11月 6日(月)                       「老いて亡くなることがわかっていても、受け入れられません。」
     ~       会場:赤倉ホテル 有縁講 など   「他人からどう思われているのか、気になって仕方がありません。」
  11月 7日(火)                       「お浄土とは何ですか。」
  12月15日(金) 会場:光林寺様 講師:伊南 亮師  「私は、神様も仏様も信じていますが、それではいけないのですか。」



新潟組連研修了者の会 会則

第1条(名称及び事務局)

   この会を新潟組連研修了者の会(略称:研了会)といい、事務局は研修委員長の寺院におく。

第2条(会員)

  この会の会員は、新潟組連研の修了者をもって構成する。

第3条(目的)

   この会は、新潟教区門徒推進員連絡協議会(略称:門推協)との連携のもと、新潟組及び組内各寺院への協力活動実行のために、会員の情報交換、研修を行う事を目的とする。

第4条(事業)

  この会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

    ① 新潟組連研への協力

    ② 会員の研修に関する行事

    ③ その他本会の目的達成に関する事

第5条(役員)

  この会に次の役員をおく。役員の任期は2会計年度とし再任は妨げない。

    ①会長(1人)  ②副会長(若干名)  ③会計(1人)  ④事務局長(1人)

 2 会長は会員間で互選する。

 3 副会長・会計は会長が委任する。

 4 事務局長は研修委員長が務める。

 5 役員のうちから、「新潟組門徒総代会・仏教壮年会」の代表者を出すことができる。

第6条(会計)

   この会の事業を行うために会員から会費を徴収することができる。

 2 この会に会計監査2名をおく。会計監査は総会において役員以外の会員から選出する。

第7条(会議)

    この会の会議は全会員をもって構成する総会と、役員および顧問をもって構成する役員会とし、それぞれは会長が招集する。

 2 総会では以下の件について審議決定する。

    ①活動計画  ②予算  ③決算  ④役員・会計監査の選出  ⑤規約の改正

    ⑥その他重要な事項

 3 役員会では以下の件について審議・処理等を行う。

    ①総会提出議案の審議  ②総会決定事項の処理  ③総会委任事項の審議決定

    ④その他緊急事項の審議・処理

第8条(会計年度)

  この会の会計年度は4月1日より翌年3月31日までとする。

  ただし任期2年目の役員は次年度の総会までその職務を継続する。

第9条(顧問)

  この会に顧問をおくことができる。

第10条(補則)

  この会則の変更は、総会にはかって変更する。

付 則  

          ・この会則は平成12年7月 8日より実施する。

          ・この会則は平成14年7月13日に改正、実施する。

          ・この会則は平成16年7月10日に改正、実施する。

          ・この会則は平成18年7月 8日に改正、実施する。

          ・この会則は平成19年7月21日に改正、実施する。

    ・この会則は平成25年7月25日に改正、施行する。
 
    ・この会則は平成27年7月13日に改正、実施する。

 

 


このページのトップへ


ホームページへ
                                                                              

 

                                                                               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連研ニュース

連研ニュースNo.20
平成27年11月
連研ニュースNo.19
平成26年 2月
連研ニュースNo.18
平成24年10月
連研ニュースNo.17 平成23年10月
連研ニュースNo.16 平成22年11月
連研ニュースNo.15 平成22年 8月
連研ニュースNo.14 平成21年11月
連研ニュースNo.13 平成20年10月
連研ニュースNo.12 平成19年 4月
連研ニュースNo.11 平成17年10月
連研ニュースNo.10 平成17年 7月
連研ニュースNo.9 平成17年 4月
連研ニュースNo.8 平成16年 7月
連研ニュースNo.7 平成15年10月
連研ニュースNo. 6 平成15年 7月
連研ニュースNo. 5 平成14年 7月
連研ニュースNo. 4 平成13年10月
連研ニュ―スNo. 3 平成12年12月
連研ニュースNo. 2 平成12年 6月
連研ニュースNo. 1  平成12年 4月


 


このページのトップへ


ホームページへ