新潟組(そ)連研ニュース No.2  平成12年6月号

 

 第七期連研が、前期同様の日程、時程で開始されました。

今期は、新潟組内の7ヶ寺より15名の参加者が集まってくださいました。平成12年、13年と2年間の長期にわたる研修ですので、無事修了する事は決して容易な事ではありません。無理をせずに、気楽にゆったりと続けて頂きたいと思います。また、新潟組内にある浄土真宗本願寺派の寺院の門徒であれば、どなたでも新潟組の連研に参加していただけます。希望される方は、各寺院の住職にお申し出下さい。
 他の組においても、同様に組連研が開かれています。詳しい事は地元の浄土真宗本願寺派の寺院住職にお尋ねください。

 ここに改めて、連研について説明したいと思います。

 

1.連研の目的   僧侶と共に親鸞聖人のみ教えを伝えるご門徒(これを門徒推進員といいます)を育てる事。

2.連研の歴史   昭和53年(1978)から浄土真宗本願寺派の寺院において全国一斉に始まりました。

3.連研の方法   同一人物対象で2年間12回(1回3時間以上)の連続研修。

4.研修の内容   私たちの人生の歩みを通して出てくる問いを互いに話し合う中で、親鸞聖人のみ教えに聞いていき、 歩むべき方向を明らかにしていく話し合い法座。

5.門徒推進員   組連研を終了後、本山(西)本願寺における中央教修(3泊4日)を受講する事によって、教務所長からの 委嘱が受けられます。ただし、中央教修を受講する時点で65歳未満と言う年齢制限があります。

 次に、新潟組における平成12年の連研日程を記載しておきます。

       4月15日(土) 会場:真称寺    5月13日(土) 会場:林徳寺    6月10日(土) 会場:浄明寺

       7月 8日(土) 会場:長音寺    9月 9日(土) 会場:了応寺   10月 7日(土) 会場:林徳寺

 いずれも午後2から5時までです。見学も自由ですので、ご希望の方はどうぞ会場まで直接お出でください。