駐車場の整備工事を行いました

 

  平成24年3月末から5月始めにかけて、林徳寺の駐車場を整備する工事を行いました。
 その様子を紹介します。
平成24年3月29日
 この冬に、林徳寺境内の脇にあった堀に、写真の通り蓋をしていただき、道路が広くなりました。
 これまでも道路が狭いことや、子供さんが落ちる心配があることなどから、何度か新潟市にお願いをしていました。
 しかし、この先にある道路下の配水管の構造から、大雨の際に流れる水をまかないきれず、堀があふれることが多かったため、その対策工事が終わらなければ蓋ができないということで、待っていた待望の工事です。
 ようやく願いがかない、近所の皆さん共々、大いに喜んでいます。
 今後は参拝に来られた皆さんが、この道をお通りになることが多くなると思われますので、それに合わせて、駐車場からこの道に出やすくなるよう、駐車場の再整備をすることにいたしました。
 右の写真の、生け垣と車庫(右のシャッターがある建物)の間をすり抜けないと、上の写真の道に出ることができません。
 また、銀杏の先に写っている柿の木が意外と、車の通行には障害になっています。さらには駐車スペースとしても、この柿の木一本で車1台分以上少なくなっていると考えられます。
 そこで、この写真に写った部分の改造工事をまず計画しました。


 
 工事の内容として、生け垣を竹垣風のフェンスにかえること、柿の木を切りその部分を駐車可能にすること、をまずは目標として設定しました。
 いつもこのようなときにはお世話になっている業者(林徳寺門徒で、門徒推進員としてもご活躍下さっている社長さんの会社です)に、ご相談いたしました。
 いつものことですが、工事を始めると新たに「ここも、あそこも」と、広がっていくことになる事疑いなしですが…

 まずは予定通り、生け垣と柿の木の工事が進んでいます。
 そして、当然のごとく追加工事の依頼をすることとなりました。
 というよりも、新たに依頼した工事の方が、むしろメイン工事になったかもしれません。
 駐車場の舗装がずいぶん痛んでしまっているため、全体を再舗装していただくことにいたしました。

平成24年3月30日

 左側の写真にある松などの樹木を、残念ではありますが今回伐採いたしました(右側が伐採後)。
 このほか、塀際に土を入れて樹木やお花を植えていたのですが、これも取り除き、塀際まで舗装をして、駐車スペースを広げる予定です。
平成24年4月10日
 
竹垣風のフェンスができあがりました。これで車庫との間の通路をだいぶ通りやすくなります。これまでマイクロバスでの通過は不可能でしたが、今回比較的余裕を持って通り抜けることができました。
 工事をした甲斐があったと、喜んでいます。
平成24年5月14日
 
いよいよ駐車場の再舗装が始まります。これまでの舗装を全て取り除くと、広い土の面が現れました。
 こんなに広い土の面を目にすることは少なくなりましたので、とても懐かしく感じました。
 アスファルト舗装をしてしまうのがもったいないように思えます。
 
  平成24年5月15日
 昨日とは打って変わって、雨天となってしまいましたが、その中を業者の皆さんが丁寧に舗装作業を進めて下さり、見事に駐車場が生まれ変わりました。
 これで今回の工事はほぼ終了です。これでお盆などに参拝に来られた方が、少しは余裕を持って駐車できるとうれしいのですが。