恵信尼様廟所参拝U(2005.9.13..)

 

  

 一年ぶりに、上越市板倉区(旧中頸城郡板倉町)にある家内の実家にお邪魔しました。そしてその足で、整備が終わったと聞いていた恵信尼様の廟所を参拝しました。
 それが左の写真です。昨年までの様子(平成16年4月のページを参照下さい)とは全く変わってしまっていてとてもとまどいました。「前の方が趣があってよかったな」と思うのは私だけでしょうか…
 特に、参拝者に対する説明がほとんどないのが気になりました。また一面に敷き詰められた石畳は、夏は照り返しで暑いでしょうし、冬には滑って歩きにくいのではないでしょうか。またベンチもありませんし…
と文句たらたら言いながらの参拝になってしまいました。

 廟所のすぐ隣には、旧板倉町が整備した「ゑしんの里記念館」があります。
これは右の写真を見てもわかるように非常に立派な建物ですし、しかも入館無料です。
 資料としても「恵信尼文書」の複製や、新たにこの館の為に作成した「恵信尼伝絵」など見応えのあるものがたくさんあります。もちろんこれらも無料で見ることができます。
 私もゆっくりと資料やビデオなどを見せてもらいました。公の施設でこのように丁寧に恵信尼様についての説明をしてもらえることは、本当にありがたいことだと感じて帰ってきました。
 ただ、こちらも正面(下の左写真)などに、はっきりとした施設名の掲示が無

いのが残念でした。
 正面には広い無料駐車場がありますが、そのすぐ脇を北陸新幹線が通ることになり、現在その工事(右写真)が着実に進められています。
 この施設名が新幹線から見えるようになれば、より多くの方々にこの廟所のことを知っていただける事でしょうが。